矯正治療可能な症状例

 

出っ歯(上顎前突)

出っ歯(上顎前突)

治療ビフォーアフターを見る

 

上顎の前歯が出たもので口呼吸がみられます

上と下の前歯の前後の開きが大きく、下顎の歯が後ろに下がっている場合もあります
抜歯が必要な場合もあります

受け口(反対咬合・下顎前突)

サイドバーでクエリ検索

 

受け口(反対咬合・下顎前突)

治療ビフォーアフターを見る

 

下顎の前歯が上顎の前歯より前にあるもので、上顎の歯が後ろに下がっている場合もあります
顎に問題がある場合は長期にかかります

矯正単独での治療で治るものと、歯の移動だけでは治らないと診断されたときは顎の骨切りを行います

骨切りを行う場合は保険が適応されます

デコボコ・乱杭歯(叢生)

デコボコ・乱杭歯(叢生)

治療ビフォーアフターを見る

 

歯列と歯の大きさに不調和があり、数歯にわたりデコボコになった状態で抜歯が必要な場合もあります

八重歯(犬歯低位唇側転位)

八重歯(犬歯低位唇側転位)

治療ビフォーアフターを見る

 

上顎の糸切り歯(犬歯)が歯列からはみ出した状態にあるもので唇が閉じにくい場合があります

歯の位置の異常(移転歯)

歯の位置の異常(移転歯)

治療ビフォーアフターを見る

 

隣の歯などと入れ替わった状態にある場合で例えば糸切り歯(犬歯)と前歯や小臼歯が入れ替わった場合があります

歯の位置を入れ替えるため治療が長期間になります

交叉咬合

交叉咬合

治療ビフォーアフターを見る

 

上下の歯列が左右にすれ違っている状態で、片側だけの場合と両方の場合が存在する
上顎の臼歯が頬側にすれちがうものを鋏状(はさみじょう)咬合といいます

開咬

開咬・顎の偏位

治療ビフォーアフターを見る

 

上下の歯をかみ合わせたとき前歯や臼歯が空いている状態
食べ物がかみ切りにくく、滑舌が悪く、舌癖がみられます

過蓋咬合

過蓋咬合

治療ビフォーアフターを見る

 

上下の歯の重なりが大きく、下顎の前歯2/3以上が上顎の前歯でおおわれる状態で下顎の前歯が上顎に当たって痛みを生じる場合もあります

すきっ歯(空隙歯列)

 

すきっ歯(空隙歯列)

治療ビフォーアフターを見る

 

隣同士の歯との間に隙間があり、隣同士の歯が接触していない状態

先天性欠損

先天性欠損

治療ビフォーアフターを見る

 

永久歯が生まれつき足りない状態

6歯以上の欠損の場合は保険が適応されます

埋伏歯

埋伏歯

治療ビフォーアフターを見る

 

歯の一部または全部が顎の骨や歯茎の中に埋まって出ていない状態で埋伏歯は1歯から数歯埋伏しているものまで様々です

前歯が3歯以上の埋伏歯の場合は保険が適応されます

補綴前処置

補綴前処置

治療ビフォーアフターを見る

 

歯が欠けたり無くなった場合に人工物で補う前に歯列を正しい状態にしておきます

 

成人矯正

成人矯正(40歳以上)

治療ビフォーアフターを見る

 

加齢とともに歯並びに影響が出始める40代からの虫歯・歯周病の予防と口の中の健康維持のために

 

先天性異常

先天性異常

治療ビフォーアフターを見る

 

口唇口蓋裂など50種類を超える疾患があり全て保険が適応されます

治療は子供のころから長期にわたります