すきっ歯(空隙歯列)

症状

すきっ歯(空隙歯列)

主訴:歯と歯の間が空いている
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 空隙歯列 1┐先欠
年齢:22歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:A┐
治療期間:1年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計93万円
リスクや副作用:リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りによりすきっ歯が再発します
コメント:

すきっ歯(空隙歯列)

主訴:歯と歯の間が空いている
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 空隙歯列
年齢:18歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:10ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計92万円
リスクや副作用:リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りによりすきっ歯が再発します
コメント: