症状

過蓋咬合

主訴:叢生、著しい過蓋咬合
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 叢生・過蓋咬合
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:1年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計86万円
リスクや副作用:最初は歯が装置にあたって取れやすかったり、咬みにくい時期があります。
リテーナー(保定装置)をしっかり使用しないと後戻りが起こります。
コメント:

過蓋咬合

主訴:噛み合わせが深い
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 過蓋咬合・叢生
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:非抜歯
治療期間:1年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計85万円
リスクや副作用:治療の際に噛み合わせの高さが変わるので咬みにくくなりますが治療で改善していきます
コメント: