子供

先天性異常

主訴:口唇口蓋裂
診断名または主な症状:両側性唇顎口蓋裂・骨格性上顎前突
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:非抜歯
治療期間:3年8ヶ月
治療費:保険対象
リスクや副作用:口唇口蓋裂のため治療が長期にわたる場合があります
コメント:

埋伏歯

主訴:受け口
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 骨格性下顎前突
年齢:10歳(初診時)
治療に用いた主な装置:チンキャップ・マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:4年5ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計96万円
リスクや副作用:埋伏歯を牽引するため口腔外科で処置が必要です。 長期にわたる場合があります
コメント:

歯の位置異常(移転歯)

主訴:歯が重なっている
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 過蓋咬合・叢生 └3移転歯
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:3年
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計96万円
リスクや副作用:歯の移動伴う痛みや稀に歯茎が下がる場合があります 歯の移動量が多いため治療が長期にわたる場合があります
コメント:

二枚歯(叢生)

主訴:歯がガタガタ
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 叢生
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:4┴4・4┬4
治療期間:2年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計95万円
リスクや副作用:リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りが起こります。また、歯が磨きにくいため虫歯のリスクが高くなります
コメント:

過蓋咬合

主訴:叢生、著しい過蓋咬合
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 叢生・過蓋咬合
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
治療期間:1年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計86万円
リスクや副作用:リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りが起こります
コメント:

受け口(反対咬合)

主訴:歯がガタガタ 反対になっている
診断名または主な症状:Angle Ⅲ級 反対咬合
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
治療期間:2年3ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計92万円
リスクや副作用:リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りが起こります。また、歯が磨きにくいため虫歯のリスクが高くなります
コメント:

口唇口蓋裂

主訴:デコボコ
診断名または主な症状:両側性唇顎口蓋裂・上顎狭窄歯列 
年齢:6歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:4┬4
治療期間:8年1ヶ月
治療費:保険対象
リスクや副作用:口唇口蓋裂であるため長期にかかり、歯磨きがしにくく虫歯になりやすくなります
コメント:

過蓋咬合

主訴:噛み合わせが深い
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 過蓋咬合・叢生
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:非抜歯
治療期間:1年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計85万円
リスクや副作用:治療の際に噛み合わせの高さが変わるので咬みにくくなりますが治療で改善していきます
コメント:

デコボコ・乱杭歯(叢生) 非抜歯症例

主訴:デコボコ
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 叢生
年齢:11歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:非抜歯
治療期間:2年8ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計87万円
リスクや副作用:歯を大きく動かすため、歯が元に戻ろうとする傾向にあるのでリテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りが起こります
コメント:

受け口(反対咬合)

主訴:受け口
診断名または主な症状:Angle Ⅲ級 反対咬合
年齢:7歳(初診時)
治療に用いた主な装置:チンキャップ・マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:5年
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計98万円
リスクや副作用:顎に問題がある場合は長期にかかるので、幼少期から治療が必要なため、虫歯のリスクが高くなります
コメント: