ビフォーアフター

先天性異常

主訴:口唇口蓋裂
診断名または主な症状:左側唇顎口蓋裂
年齢:6歳(初診時)
治療に用いた主な装置:チンキャップ・マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:7年9ヶ月
治療費:保険対象
リスクや副作用:口唇口蓋裂であるため長期にかかり、歯磨きがしにくく虫歯になりやすくなります。また歯が欠損しているため補綴治療を必要とします
コメント:

デコボコ・乱杭歯(叢生)

主訴:八重歯
診断名または主な症状:Angle Ⅱ級 叢生・狭窄歯列
年齢:14歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:4┴4・5┬5
治療期間:1年5ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計84万円
リスクや副作用:装置装着時は歯肉炎が起きやすいので丁寧な歯磨きが重要です。
リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りが起こります
コメント:

先天性異常

主訴:口唇口蓋裂
診断名または主な症状:両側性唇顎口蓋裂・骨格性上顎前突
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:非抜歯
治療期間:3年8ヶ月
治療費:保険対象
リスクや副作用:口唇口蓋裂のため治療が長期にわたる場合があります
コメント:

成人矯正(40歳以上)

主訴:歯並びが悪い
診断名または主な症状:Angle Ⅲ級 下顎前突
年齢:45歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:2年7ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計101万円
リスクや副作用:加齢や歯周病により歯茎が下がることがあります。また、装置が外れた後、かぶせ物や虫歯の治療が必要になる場合があります。
コメント:

補綴前処置

主訴:咬めない
診断名または主な症状:Angle Ⅱ級 叢生・狭窄歯列 開咬
年齢:47歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:2┴2
治療期間:4年5ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計110万円
リスクや副作用:治療が長期にわたる場合があります。
治療後に補綴治療が必要となります。また、補綴治療後再度保定装置の作り直しの可能性があります。
コメント:

埋伏歯

主訴:受け口
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 骨格性下顎前突
年齢:10歳(初診時)
治療に用いた主な装置:チンキャップ・マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:4年5ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計96万円
リスクや副作用:埋伏歯を牽引するため口腔外科で処置が必要です。また、治療期間が長期にわたる場合があります。
稀に歯と骨が癒着していると歯が動かないことがあります。
コメント:

先天性欠損

主訴:歯がガタガタ
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 叢生 先天性無歯症(6歯以上)
年齢:19歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット・クワドヘリックス
抜歯部位:2┐
治療期間:2年5ヶ月
治療費:保険対象
リスクや副作用:装置が外れた後の補綴物の治療や乳歯の管理等かかりつけ歯科との連携が必要です。
歯の無い場所には矯正治療後に補綴治療が必要になる場合があります。
コメント:

すきっ歯(空隙歯列)

主訴:歯と歯の間が空いている
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 空隙歯列 1┐先欠
年齢:22歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:A┐
治療期間:1年2ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計93万円
リスクや副作用:歯の形態を修正したり、噛み合わせの微調整が必要になる場合があります。
リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りによりすきっ歯が再発します
コメント:

歯の位置異常(移転歯)

主訴:歯が重なっている
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 過蓋咬合・叢生 └3移転歯
年齢:12歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:非抜歯
治療期間:3年
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計96万円
リスクや副作用:移転歯の移動量が大きいため歯茎が下がり歯の根が短くなる可能性があります。
治療中の移転歯が動揺したり周辺の歯肉が腫れたりすることがありますが、徐々に安定してきます。
コメント:

八重歯(犬歯低位唇側転位)

主訴:八重歯
診断名または主な症状:Angle Ⅰ級 叢生
年齢:20歳(初診時)
治療に用いた主な装置:マルチブラケット
抜歯部位:4┴4・4┬4
治療期間:1年1ヶ月
治療費:基本料金+検査料金+処置料金 合計85万円
リスクや副作用:治療中は丁寧な歯磨きが必要で、歯の移動によって虫歯が見えてくる時があります。
また、リテーナー(保定装置)を使用しないと後戻りが起こります
コメント: