愛知県豊橋市の村田矯正歯科は豊橋駅から徒1分。
歯列矯正
村田矯正歯科
 



院長プロフィール: 村田 悟  
   

1975年

時習館高等学校卒業

1983年

愛知学院大学歯学部卒業

 〃 

同大学歯学部歯科矯正学講座入局

1990年

日本矯正歯科学会認定医

1995年

歯学博士号取得

1996年

日本矯正歯科学会指導医
1997年
村田矯正歯科開業


村田ドクターは矯正に関する研究を行い、矯正治療に成果をあげています。


研究結果は多くの資料として発表されており、世界中の矯正治療や噛み合わせなど多く治療に生かされています。

【主な論文や研究結果】

・Determination of craniofacial growth in patients with untreated Class III malocclusions and anterior crossbites using the centroid method. Satoru Murata. Eur J Orthod 31: 496-502, 2009

翻訳】咬合重心法による未治療骨格性下顎前突者の顎顔面頭蓋に関する形態学的研究

 

・Use of the centroid method of occlusion for studying the vertical and horizontal relationship of the mandible and maxilla. Satoru Murata. Eur J Orthod 29: 600-604. 2007

翻訳】垂直的および水平的上下顎関係の評価法としての咬合重心法の臨床応用

 

Evaluation of the centroid method of occlusion for studying mandibular and maxillary growth. Satoru Murata, Shoji Nakamura and Kunishige Nagahara. Eur J Orthod 28: 345-351.2006

翻訳】上下顎骨の成長変化を評価するための咬合重心法の有効性について

 

Prediction of the Permanent Dentition in Deciduous Anterior Crossbite. Kunishige Nagahara, Satoru Murata, Shoji Nakamura and Tomoyuki Tsuchiya. Angle Orthod. 71 390-395. 2001.

翻訳】乳歯反対咬合における自然治癒の有無を鑑定する診断予測法について

 

Displacement and stress distribution in the temporomandibular joint during clenching. Kunishige Nagahara, Satoru Murata, Shoji Nakamura and Tomoyuki Tsuchiya. .Angle Orthod. 69 : 372-379. 1999.

翻訳】食いしばり時の顎関節部における変位および応力解析

 

Uprighting the mandibular molars stimulates mandibular growth during treatment of Class II malocclusion. J Dent Child 64 :340-343. 1997.

 上顎前突者の治療における下顎骨の成長を促進させる下顎大臼歯の直立について

An estimation of craniofacial growth in the untreated Class III female with anterior crossbite. Kuniaki Miyajima, James A. McNamara,Jr, Masatoshi Sana and Satoru Murata. Am.J.Orthod. Dentofac. Orthod. 112 : 425-434. 1997.

 未治療骨格性下顎前突者における顎顔面頭蓋の成長発育に関する研究

A diagnostic index of vertical problems for Class 鶚 malocclusions. Kuniaki Miyajima, James A. McNamara, Jr and Satoru Murata. Int J Adult Orthod Orthognath Surg.12 189-195. 1997.

翻訳】下顎前突者の垂直的パターンの計量的診断法

 

Craniofacial structure of Japanese and European-American adults with normal occlusions and well-balanced faces. Kuniaki Miyajima, James A. McNamara, Jr, Tetsushi Kimura, Satoru Murata and Tetsuo Iizuka. Am.J.Orthod. Dentofac. Orthodo .110 : 431-438. 1996 .

 良好な顔貌を持つ日本人とヨーロッパ・アメリカ人正常咬合者の顎顔面頭蓋の違いについて

 
   
戻る
>