愛知県豊橋市の村田矯正歯科は豊橋駅から徒1分。
歯列矯正
村田矯正歯科
 


あなたのお悩みの症状はどれかな?

●上顎前突症(出っ歯)
●下顎前突症・反対咬合(受け口)
●叢生・乱杭歯(でこぼこ・がたがたの歯並び)
●開咬(前歯が閉じない)
●過蓋咬合(噛み合わせが深い)
●正中離開(すきっ歯)
●顎変形症(顎の大きさ、位置異常)
●犬歯低位唇側転位(八重歯)
●唇顎口蓋裂(先天性異常)・・保険治療可能

 

治療器具や治療例など

 

上顎前突症(出っ歯)
下顎前突症・反対咬合(受け口)
歯列症状
歯列症状
前歯のみが前突しているもの・上あご(上顎骨)が下あご(下顎骨)より前方に突き出たもの・機能的なものがある。口呼吸を伴う場合があります。
下の前歯が上の前歯よりも前に突き出ている状態をいいます。



叢生・乱杭歯(でこぼこ・がたがたの歯並び)
開咬(前歯が閉じない)
歯列症状
歯列症状
歯が大きく並びきることができず、重なり合って生えている状態をいいます。
奥歯は噛んでいても、前歯が噛み合わずに開いているものをいいます



過蓋咬合(噛み合わせが深い)
正中離開(すきっ歯)
歯列症状
歯列症状
かみ合わせた時に、下の前歯が見えないような、前歯のかみ合わせが著しく深い噛みあわせをいいます
上顎の前歯間にすき間がある状態



顎変形症(顎の大きさ、位置異常)
犬歯低位唇側転位(八重歯)
歯列症状
歯列症状
上あご(上顎骨)または下あご(下顎骨)あるいはその両方の大きさや形、位置などの異常によって、顔の変形と、かみ合わせの異常を起こしている状態をいいます。
犬歯のはえる場所が狭いため上の方にはえたりねじれてはえたりすることをいいます。



唇顎口蓋裂(先天性異常)・・保険治療可能
歯列症状
軟口蓋あるいは硬口蓋またはその両方が閉鎖しない状態の口蓋裂と、口唇の一部に裂け目が現れる状態の口唇裂(唇裂)のことをいいます。
 



Dr最新治療研究と治療器具により、

理想の骨格や歯並びに近づけ、心からの笑顔や相手に素敵な印象を与える歯並びを実現いたします。


治療器具や症状による治療例は一例であり、
治療方針(計画)を治療の流れに従いしっかり話し合い
ひとりひとりに合った治療を行います。

治療器具例、など
症状による治療例
  • descriptiondescription

  • descriptiondescription

  • descriptiondescription

  • descriptiondescription

  • descriptiondescription

  • descriptiondescription

  • descriptiondescription

歯科矯正治療の一般的治療はバンドやブラケットやワイヤと呼ばれる矯正装置を使って歯を理想的な位置に動かすことです。

これはどの歯列の治療にも用いられます。

まず、バンド を奥歯につけ、ブラケットを歯の表面に歯科用の接着剤をつけ貼り付け、その溝にワイヤを通して、動かしたい歯に力を加えて動かし歯並びを治していきます。

上下の噛み合わせをよくするために顎間ゴムを用います。

これは自分で取り外してもらいます。

 

●上顎前突(出っ歯)・・・
成長期の子どもの場合、上あごの発育を抑える装置 を使います。

その後、永久歯が生えそろったら、ブラケットなどの装置をつけて歯並びの最終仕上げをします。歯だけが出ているときはブラケットなどの装置をつけて治療しますが、抜歯が必要なときもあります。成人であごの大きさに問題がある場合は外科手術が必要なこともあります。

 

●下顎前突(受け口)・・・
受け口には2通りあります。

1つは、機能的受け口。あごの骨に問題があるのでなくかむときに下あごが上の前歯に誘導されて前に出てくる場合です。子どものうちに前歯の傾きを矯正します。早い段階での治療が必要です。

2つ目は、下あごの骨が上あごに比べて大きい、骨に問題がある場合です。この場合は成長に合わせて上あごの骨が前に成長するように力を加える装置や下あごの成長を抑える装置を使います。しかし、下あごは再び出てきてしまう可能性が高いです。成人の場合は成長を利用することが出来ません。矯正治療だけでは限界があるときは外科手術との併用が必要になります。

 

●叢生・・・
乱杭歯(でこぼこ・がたがた)
スペースが少ないことにより歯列がでこぼこになっている場合、歯列を拡大させる装置(写真)を使います。また、奥歯を奥のほうに動かします。(写真)スペースが作れないときは抜歯をするときもあります。

 

●開咬・・・
まず舌の習癖を取り除くことをします。
上下の歯列の間に舌が入ったり、突き出したりする癖を直す練習を行いながら装置をつけて治療していきます。上下を噛み合わせるため顎間ゴムをかけます。 

 

●過蓋咬合・・・
噛み合わせが深いのを治す場合は下あごの前への発育を促す装置を使います。

 

●顎変形症・・・
あごが上下、左右、前後にずれている状態のとき、
成人の場合は外科的治療と組み合わせて矯正治療を行います。

   
戻る
>